黒い振袖はどんな人が似合う?コーディネートも解説!

 

黒い振袖は「クール」や「大人っぽい」印象があり、

成人式には高級感あるモダンな黒振袖を着たい!と憧れる方も多いですよね。

 

黒は普段から洋服でもなじみのある色なので、合わせやすい!と思う方も多いのでは。

帯や小物とのスタイリングも紹介していきます♪

 

黒い振袖の魅力

 

 

黒はすべての色を吸収した色であり、重厚感があることから「格式の高い」というイメージがあります。

 

また、何色にも染まらない黒は、女性のしなやかな強さを表現し、成人式の節目をお祝いする振袖としてもぴったり

 

白やグレーと同じように無彩色の黒は、赤や黄色や青などほかの色との相性も抜群!

自分好みの振袖スタイリングがしやすいと人気です。

黒は引き締まった色なのでスッキリとまとめられますよ。

 

 

黒色が似合う方

 

 

黒は肌の色の濃さや、体型に関係なく似合う人の多い色です。

 

肌の色が濃い方は淡い色がニガテなことも多いですが、

黒い振袖はクールに着こなせます。

すらっと引き締まって見えるのも嬉しいですよね。

 

逆に小柄な方や、あまりキリッとした雰囲気に見せたくない方は、黒と比べて他の色も試してみるのをおすすめします

 

パーソナルカラーの面から、一般的に濃い色はオータムタイプやウィンタータイプの方が似合いやすいといわれています。

 

ただ、振袖に対して黒の占める分量や、帯・小物の印象でも充分に似合わせることができるので、黒振袖が気になる方は試着してみてくださいね。

 

 

 

黒い振袖のスタイリング例

 

 

 

赤い小物でアクセント

 

黒と相性の良い赤は、ぜひ小物で取り入れたい!

帯締めと帯揚げなど帯周りで赤を使うことで、視線が上がり引き締め効果が期待できます

赤い光沢のある帯揚げは結ぶとリボンみたいで可愛いです♪

 

リップやチークも同系色の赤に寄せて

まとまりのあるスタイリングを目指しましょう。

 

写真のスタイリングでは振袖にも赤色がふんだんに使われていますが、赤色が少しでも入っている振袖であればぜひ赤色を強調してみてください♪

 

 

 

 

 

 

黄金に輝く華やかな黒振袖

 

黒を基調としながらも大きな黄色いお花が目立つスタイリング。

花の色が同系色でまとまりがあり、全体的にすっきりとして見えます。

 

髪飾りも振袖の柄と合わせた同系色なのがキュート!

振袖のお花が目立つので帯はあえて控えめにして、

ゴールドを基調としたシンプルな帯を合わせています。

 

衿元が黒い振袖なので、顔周りもすっきりとして見えますね。

草履を白にすることで視線が上に!

黒振袖が着たい、身長の小柄な方にも試してほしいテクニックです

 

 

 

 

 

 

究極の黒振袖

 

地色が1色で、花柄などがのっていない “無地振袖” が注目を集めています

 

黒一色は究極のシックなコーディネート!

黒い地色だと帯や小物すべてが映えるので、こだわりぬきたい方におすすめの振袖です。

 

振袖がシンプルな分、帯を派手にしても不思議とまとまってしまう…!

帯はいろんな色を入れて遊びたい!という方も

黒一色の振袖であれば安心ですね。

 

帯の下に “しごき” を入れて差し色にしてもステキです!

思いきってビビットな色を選ぶのも楽しい♪

 

黒一色の振袖はシックでとても目をひくスタイリングなので

髪型やメイクもがっつり決めたいところ。

準備が楽しくなりますね♪

 

まとめ

 

いかがでしたか?

黒い振袖はかっこいい人しか似合わない…!と思っている方も

テクニックを知れば実はとても似合う色なのかもしれません

 

帯や小物にもこだわり抜いて

周りの人とひとあじ違ったスタイリングを楽しんでくださいね!

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は、こんな記事も読んでいます!

カタログ請求・ご来店について

SHOP