【上品コーデ】「白」の振袖はどうやって選ぶ?

 

成人式の振袖を考えている方必見!

白い振袖がじわじわと“キテル”のをご存知でしょうか。

 

成人式の振袖といえば赤、青、緑というイメージですよね。

それに比べ白い振袖は「汚れがつきやすそう」「色の組み合わせ方が難しそう」などとネガティブな印象も強い…

 

白い振袖が少しでも気になっている方向けに、スタジオの写真とともにご紹介します!

上手く選んで上品 or 可愛い or かっこいいコーディネートを目指しましょう♡

 

 

白い振袖のいいところ

 

 

白地にのせる色や柄は無限大!

柄やコーディネートが際立つので、その方に合わせたスタイリングが可能です。

 

共通しているのは、白色は顔映りを明るく華やかにしてくれるということ。

成人式などお祝いの席で着るので、写真を撮られることも多いはず。

白い振袖が自然とレフ板の役目をしてくれるので、綺麗に写ります!

 

それに白地だとスタイリングがまとまりやすい

どんな色とも相性の良い白だからこそ、好きな柄を選ぶことができます。

洋服に近い感覚で、振袖と振袖以外のアイテムの統一感をもたせることもできます♪

 

 

白系振袖3選!

 

 

 

 

王道の古典柄をあしらった振袖は、白地になるとより一層上品さが増します

桜や梅、牡丹、鞠、御所車など日本らしい柄が引き立ちますね。

 

帯の合わせ方は金地~クリーム地がおすすめです♪

帯締め・帯揚げ・衿などで、濃い色を入れても淡い色を入れても◎

 

 

 

 

 

 

金彩や銀彩が華やかに施されたクールな印象の振袖も、

白をベースにすると重たくなりすぎないのでおすすめです。

帯は柄と同系色で、振袖と合わせてきらびやかなものが似合います!

 

白の中でもかぶりにくいのがこのタイプ

出回る数も少ないので、見つけたらぜひ試着してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

可憐な可愛さを楽しむなら、白をベースにピンクを入れていくのがおすすめ

帯も、振袖の柄と雰囲気を合わせてあげるとまとまります。

 

洋風な花柄や幾何学模様でも相性が良いので、幅が広がります。

多色使いの振袖でも白がベースだとバランスがちょうどいいですよね♪

 

 

 白い振袖を着る時のポイント!

 

「白い振袖は汚れやすいのでは・・・」という声をよく耳にします。

たしかに、他の色と比べると汚れが目立ちやすいです。

 

対策としてあらかじめ、

汚れのつきにくい加工や、汚れがついてしまってもお手入れしやすいよう補償は必須です。

レンタルであれば『安心サポート』のように汚れ補償サービスをつけておくのが安心です。

 

購入の場合は『ガード加工』のように撥水撥油の加工をすることで着用時の汚れをつきにくくしてくれます。ガード加工は保管の間も湿気の影響を受けにくくしてくれて綺麗に保つことができるので、振袖の購入を考えている方はガード加工もお忘れなく!

 

「膨張して見えそう・・・」という心配のある方。

たしかに白は広がる色といわれていますが、

振袖の柄、帯、小物などでメリハリをつけて目線を散らしてあげることで、美しい着姿になります。

 

白といっても “オフホワイト” や“きなり” など、様々な振袖があります。

店頭でチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

白い振袖のポイントをご紹介しました。

白振袖でぜひ自分だけの特別な振袖コーディネートを見つけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は、こんな記事も読んでいます!

カタログ請求・ご来店について

SHOP