可愛いだけじゃない!「ピンク」の振袖を着こなすポイントを解説!

ピンクの振袖」といったら皆さんはどんなイメージが浮かびますか?

可愛い・女の子っぽい・優しい・キュート…
などなど全体的に可愛らしいイメージが強いですが、
ピンク色の振袖はクールに大人っぽく着ることもできちゃうんです!

今回は気になるピンクの振袖の選び方&着こなしのポイントについて徹底解説します!

目次

ピンクの振袖はどんな振袖?

ピンク振袖の着こなしポイント3つ
★ピンク色の顔うつりをしっかり確認する!
★「小物の色・質感」で甘さのバランスを調節!
★薄すぎず・濃すぎない血色感を感じるメイクが◎

ピンク振袖のお悩みQ&A
Q.ピンクの振袖に合う色って何色?
Q.ピンクの振袖が似合わない…
Q.ピンクの振袖に合う小物ってある?

ピンク振袖のおすすめコーディネート
★パステルピンク振袖×はんなり和風美人コーデ
★くすみピンク振袖×クラシック風ほの甘大人コーデ
★定番ピンク振袖×クールコーデ
★ビビットピンク振袖×青文字系コーデ
★トレンドY2K×ピンク振袖コーデ!

ピンクの振袖を着こなすポイントまとめ

ピンクの振袖はどんな振袖?

ピンク色の振袖」と言ってもその全てが同じピンク色ではありません。
振袖ごとに少しずつ色味は違います。

淡く優しい色合いのパステルピンク

目の覚めるようなビビットピンク

オレンジがかった色合いのコーラルピンク

くすみがかった色味のダスティピンク

王道の桃色まで様々な色合いがあります。

特に中間薄いピンク色肌なじみが良く、
顔周りを明るく見せてくれる効果
も!

そんなピンク色の振袖は似合う・似合わないの差が大きく出やすい振袖ではありますが、そのぶん似合うピンク色に出会えば、
自分をより魅力的に見せてくれます!

また、ピンクの振袖はハイトーンやブラウン系の髪色との相性が良いので、ハイトーンやブラウン系の髪色が好きな方におすすめの色の振袖でもあります!

他にも、写真のように振袖や小物のピンクと同じ色で
インナーカラーを入れるのもおしゃれで可愛いです♡

ピンクの振袖の着こなしポイント3つ

ピンク色の顔うつりをしっかり確認する!

ピンクの振袖を選ぶときに大事なのが「顔うつり」!

赤や青といった濃い色よりも、
似合う・似合わないがハッキリと出るのがピンク色の振袖。
特に中間薄いピンク色はその傾向が強い印象です。

なので試着をしてみたとき、
顔色や全体の印象が客観的にどう見えるのか確認してみましょう。

そこで顔色が明るく見える全体的に良い印象に見える
などのほかにフィーリングで「いい感じかも!」と感じたら
自分に似合っているものの可能性が高い
です!

「客観的に見るのが難しい!」という方は
試着した写真を撮影して、写真から自分の姿を確認すると客観的な判断がしやすいですよ。

最近はネットでも振袖のレンタル・購入が可能になっていますが、写真が撮影されている状況により、振袖の本来の色とは違う色に見える写真が使われていることもあります。

ピンク色は写真での見え方に違いが出やすい色なので、
現物を着たときに「なんか思ってたのと違う…」とならないよう
ネットの写真だけでなく、できる限り実際に試着をして選ぶようにするのが良いです。

「小物の色・質感」で甘さのバランスを調節!

柄や色味にもよりますが、やっぱり可愛いイメージが強くなりがちになるピンクの振袖….。

「もっと大人っぽくしたい」「カッコよく着こなしたい!」場合は小物の色や質感」に注目しましょう!

小物の色くすみカラーブラックグレーホワイトといったモノトーンバーガンディーブラウン系でまとめると
大人っぽくカッコいい雰囲気のコーディネートに!

特に濃い色は帯締め・しごき・ネイル・髪飾りなどに
色を散らすようにして入れるのがポイント。

質感は「ツヤ」を意識するとgood!

レザーシルクエナメルの他、プラスチックのような硬いもののツヤを取り入れたり、パールのように控えめな輝きのあるものなどを選ぶと大人っぽくなります。

可愛くしたいならイエローライトグリーン水色ラベンダーなど明るめのカラーオーガンジーなどの柔らかい素材を合わせると◎

薄すぎず濃すぎない血色感を感じるメイクが◎

ピンクの振袖を着こなすにはメイクも重要なポイントになります。

振袖のときのメイクは「濃いめ」が良いとされていますが、振袖の色や全体の印象・コーディネートによっては濃いメイクだと顔だけが浮いてしまったり、古臭い印象になってしまうことも…。

メイクは、振袖の色と同じくらいの濃さにすると失敗しづらいです!

例えば振袖が薄い色なら、メイクも控えめなナチュラルメイクに。

濃い色なら、アイシャドウを濃くしてしまうと少し古い感じのメイクになってしまうので、リップだけ濃いめにするとバランスがとりやすく抜け感のあるメイクになります。

アイラインを引く場合もブラックのリキッドタイプより、
ブラウン系のペンシルタイプのような柔らかいラインの引けるものがおすすめです。

色はピンクコーラルバーガンディーベージュ薄いブラウンなどを中心にしたメイクが◎!

こちらの写真は振袖の色を取り入れたコーラルメイク。
アイシャドウもふんわり入れるのがポイント!

個性派メイクにしたいなら、ブルー系の色味のものや
大きめグリッターの入ったアイシャドウカラーマスカラなどでポイントを作るとおしゃれに決まります♪

ピンク振袖のお悩みQ&A

いざコーディネートしようとすると何色を合わせればいいのかわからなくなりがちな「ピンク色」ですが、
意外とどの色とも相性が良いんです!

近い色味のレッドパープルはもちろん、イエローブラウン系モノトーン、補色関係にあるグリーンブルー系の色とも相性バツグンです。
振袖の柄に色が入っていればオレンジも◎。

例えばこちらのコーディネートでは、半衿を明るいブルーにして顔周りをはっきり見せ、重ね衿の黒と帯締めのパープルでコーディネート全体を締めています。

なのでどちらかというと色そのものより「色のトーン」の方に注目して色合わせをしてみて下さい。

「トーン」とは色の「明るさ」「鮮やかさ」のことで、
トーンがそろっているとコーディネートがまとまって見えやすくなります

例えばこちらのコーディネートのように、
パステルカラーの振袖なら合わせる色も同じパステル系から選ぶ、というようにするとトーンがそろってコーデに統一感が出ます

他に、振袖の柄に使われている色を小物に使う方法も◎です。

こちらのコーディネートでは振袖の柄の黄緑色を髪飾りにも使うことで、コントラストの強い色使いでも統一感を持たせています。

(トーンについてもっと知りたい方はこちらの記事も参考にしてみて下さい↓)

「ピンクの振袖が似合わない…」と感じる方は、
顔のまわりに別の色を置くのがおすすめです!

例えば、顔に近い半衿・重ね衿の色を「自分に似合う・肌なじみの良い色に変える」振袖の色がなじみやすくなり、顔うつりが良くなります

また、顔の近くに柄が多い振袖にするのも似たような効果が得られます。

例えばこの写真の場合、地色のピンクはわりと濃いめですが、
顔周りは白が多いので地色が主張しすぎず、全体的にちょうどいいバランスになっています。

また、こちらの写真は地色のくすみピンクがわからないくらい柄がぎっしり入っています。

柄との兼ね合いでピンクが主張しすぎないので、なかなか似合うピンク色が見つからない方は柄が多めの振袖を試してみるのも◎

他に、振袖の地色がピンクでないものを選ぶという方法もあります。

単純に「地色=振袖の色」というわけではなく、
柄の色などを総合して色を認識しているので、
地色より柄の範囲が広ければどちらかというと柄の印象(色)が強く残る傾向があります。

なのであえて、地色は別の色で柄はピンクの振袖を選んで
「ピンクの振袖を着ている印象を持たせる」ことができちゃうんです!

例えばこの写真の振袖は地色が白ですが、
パッと見て「ピンク色」の印象が強く残りませんか

こちらの振袖は黒が強めですが、しっかり大人っぽく着こなしたい方にはピンクの割合をかなり減らして着こなすのもアリです!

地色がピンク以外でもいいなら、こういったデザインから選ぶのもおすすめの方法ですよ。

これらの小物はピンク色の悩みでもある「可愛くなりすぎる」のを抑える効果もあるんです。

ベロアリボンは適度な光沢が、大人っぽい印象に。
オーガンジーも控えめな色味でタイト気味なデザインなら、
上品さが加わります。

また、ホワイトベージュはピンクとの相性ももちろんですが、クセのあるコーディネートでもまろやかに見せてくれるので、
小物には積極的に使っていきたい色です!

くすみ系のトーンでそろえているときは特に◎

↑こちらの写真では明るいトーンのピンク振袖ですが、帯締めや帯揚げなどに白を効果的に使っているので、甘くなりすぎずちょうどいいバランスのコーディネートに!

上で挙げた小物以外にもコーディネートのテイストや雰囲気によって、どんな小物も合わせられるので、合わせてみたい小物があれば自由に組み合わせてみて下さいね♪

ピンクの振袖のおすすめコーディネート

パステルピンク振袖×はんなり和風美人コーデ

優しい色合いのパステルピンクは、定番な和風美人っぽく着こなして!

イエローレッド色の違うピンクブルーグリーンなど、
濃すぎない優しい色合いの小物でまとめましょう

ヘアはタイトなダウンスタイルフィンガーウェーブで今っぽく
派手になりすぎないように上品にまとめるのを意識して◎。

くすみピンク振袖×クラシックほの甘大人コーデ

人気急上昇中のくすみピンクはクラシカルで大人っぽいコーデと相性◎!

レースリボンオーガンジーなどの素材を使った小物に
白いストレッチブーツで新鮮なイメージに。
色味も曖昧な雰囲気のくすみカラーでそろえるとgood。

ヘアは大人っぽいローポニーシニヨンなんかもおすすめ。

メイクははっきりよりもぽわっと色づくイメージで。
優しいグラデーションを意識すると◎。
チークレスで大人っぽくチークありで可愛く仕上がります

定番ピンク振袖×クールコーデ

「ピンクと言ったらこの色!」な定番ピンクはクールにも着こなせる!

バーガンディーブラウンブラックゴールドシルバーといった色が主役の帯に、柄に使われている色の小物を合わせたスタイルで全体をクールにまとめて。

足元やバッグはツヤの素材がおすすめ
ヘアはタイトなスタイルがgood。

ビビットピンク振袖×青文字系コーデ

お目立ち度高めなビビットピンクは、青文字系の自由なコーデでおしゃれに着こなしちゃいましょう!

濃い色に映えるように小物ビビットカラーブラックなどのモノトーンを使って攻めたコーデに

メイクもポイントを作ったカラーメイクで!
特にブルー系の色は振袖に負けないのでおすすめです!

メタルピンを使ったタイトヘアアレンジウェーブヘアのポニーテールなどちょっとシンプルめなスタイルと相性◎

トレンドY2K×ピンク振袖コーデ!

とにかくポップなアイテムビビットなカラーでコーデ全体をまとめましょう!

小物デニムを使ったアイテムやおもちゃみたいなビーズのバッグ&アクセサリーを合わせたり、ラインストーンやグリッターを使ったアイテムも◎

ヘアは少しかっちりめなツインテール細い三つ編みを混ぜ込んだダウンスタイルに、ヘアクリップメッシュキャップなどのアイテムをプラスしてさらに攻めて!

メイクはシアーなパステルカラーを基本に派手すぎないピンクのリップで少し大人っぽさをプラスするとgood!

ピンクの振袖を着こなすポイントまとめ

いかがでしたか?
コーディネートが難しいイメージのあるピンク色ですが、意外とどの色とも相性は良いので、振袖の色に合わせて色合わせをすればどんなコーディネートでも怖くありません

ですがもしも色選びやコーデで迷ってしまったら、そのときは遠慮なくプロにお任せ下さい!

毎年何名ものお嬢様をコーディネートしているプロはきっと力になってくれます。
一緒に素敵なコーディネートを作っていきましょう!

新作振袖入荷しました!

新作振袖も対象! かんたんに振袖の無料試着予約ができます。

  1. 下記のボタンをタップorクリック
  2. 気になる振袖を1つ~3つ選んで、右下のしかくいボタンをタップorクリック
  3. 店舗への無料試着予約フォームへ進みます♪

この記事を読まれた方は、こんな記事も読んでいます!

カタログ請求・ご来店について

SHOP