お知らせ

入学に必須★間違えないための「ランドセル選び」のポイントをご紹介❕

お子さまの入学に備えて、ランドセルは必ず購入しますよね!
ランドセルは昔と違って今は赤と黒だけではなく、色や形、機能もさまざま。色々なお店がランドセルを販売しています。
選べる幅が広がったのはいいけれど…小学校に通う6年間、ずっと使うもの。

一体どういうランドセルが一番いいの!?
と迷われるパパママも多いのではないでしょうか。

 

【ランドセルの相場はいくらなの?】

色々なランドセルがありますが、実際のお店だと3万円台後半から、一番高いものだと10万円近くするものもありびっくりしますね。
外国製だと50万近くするものも!

【ランドセルを選ぶときのポイントは!?】

たくさんあるランドセルの中から、一体何を基準に決めればいいのか?
などランドセル購入の疑問をまとめていきましょう!

 

①色とデザイン

ランドセル選びのポイント第一位はこれ!
今や多様にある「色」や「デザイン」です。

ランドセルにはその年の流行りの色があり、毎年少しずつ変化するようです。
長く使うものなので、もちろんお子さまの好みに合ったものを選ぶのは重要ですが、飽きがこないかどうかも判断基準に入れるべきでしょう。
以前と変わらず装飾がついたタイプなどもありますが、近頃はシンプルなデザインのものが増えてきているようです。

 

②耐久性

小学校の6年間、休みの日以外はほぼ毎日使うランドセル。
いくら安価でもすぐ壊れてしまう、傷つきやすいなどは困りますね。
特に肩ベルト部分は壊れやすい箇所!メーカーによっては手縫いで補強していあるものも。購入前に一度しっかりチェックしておきましょう!

 

③使い心地

価格もデザインもよいものを選んだけれど、何だか子どもが使いにくそう!なんてことのないように、素材などもチェックして、使い心地も考えたいところですね。
使い心地で確認するポイントは以下の2つ!

[1]素材と重さ

素材は大きく分けて3種類あります。それぞれ特徴があるので、お店に行ったときにはチェックしたいですね!

①人口皮革
重さはやや軽めで、デザインや色も豊富。価格も比較的安価なものが多いです。
水には強いですが、引裂には弱いという弱点も。

②牛革

引裂に強いのが特徴ですが、傷はつきやすく、またやや重めです。
デザインは人口皮革に比べて少なめ。

③コードバン

昔からある素材がこれ。とても丈夫で傷にも強いというのが特徴です。
6年間使っても傷がほぼなく、形もきれいだった!という声も。
ただ価格は高く、背負うには重め。デザインや色も少なめです。

[2]大きさ

最近のランドセルはほとんどがA4クリアファイルが入る大きさです。
一部ではA4フラットファイルの入るサイズも!
フラットサイズが入らないと斜めにして入れる必要などがあるため、大きさを重要視して探すパパママも多いとか。

 

④価格

冒頭でもお話しましたが、ランドセルの価格は色々あります!
安いもので3万くらいから、高いもので何十万もするものも。
最近ではインターネットでも安価なランドセルが販売されていますね!
ポイントは「6年間使う」という点です。
デザインや色よりも、耐久性や強度などは価格によって差が出る場合も。
6年生のときにはランドセルの角がボロボロになってしまった…なんていうことのないよう慎重に選びましょう。

 

⑤安全性

ランドセルに安全性なんて必要なの?と思うパパさん、ママさんもいらっしゃるかもしれません。
ランドセルに必要な安全性とは何でしょう?
それは雨の日や冬の夕方などの暗くなったときに、車のドライバーがしっかり認識できるかどうかという点です。
デザイン性の高い反射板もありますが、反射板の大きさはどうか、しっかりついているかなどを確認しましょう。

 

【入学に必須!間違えないためのランドセル選び ーまとめー】


いかがでしょうか?

たくさん種類のあるものだからこそ、これから小学校へ通うわが子には一番良いものを買ってあげたい。
そういった親御さんの想いがあるランドセル。
高ければ良いわけでもないし、安くて安全性や耐久性に不安の残るものも避けたいですね。
とはいえお子さま自身が小学校に通う6年間、卒業までずっと使うもの。
お子さまの意見も大切にしながら、耐久性の面なども伝え、一緒に話し合って決めていけるのが良いですね。
ランドセルを真剣に選ぶ。6年後、そのひと時がきっとかけがえのない大切な思い出になっているでしょう。

 

 

\シャレニーの入園入学フォト/

フォトギャラリーはコチラから

お知らせ一覧に戻るトップページに戻る